日誌

【剣道部】新年のスタートを切りました

明けましておめでとうございます

2021年は本校から女子部員の出場や、個人戦初の4回戦進出など、実り多い1年を過ごせました。

年末には1年の振り返りと、格技場の大掃除をして、新年に向けての準備をしていました。

(大掃除の様子。部員のみで分担をして、自分たちで進めてくれました。)


年が変わり、気持ち新たに、本日より練習をスタートしました。

顧問からは「真剣勝負で(全力で、必死で)」「楽しく」「自分たちで考えて」出来る剣道部という話を改めてしました。もう少し詳しくすると、

「真剣勝負で」:どこの学校も大会に向けて必死で取り組んでいます。負けに行く学校は絶対ありません。一瞬、手を抜こうとした時間が、後で大きな後悔をする一瞬になってしまいます。

「楽しく」:遊び感覚でという意味ではなく、試合で勝ったり成長を実感したりすることで楽しいと感じてほしいという意味です。失敗を恐れず、責めず、本気でやって楽しいと感じてほしい。

「自分たちで考えて」:やらされるのではなく、自分たちで考え、作り上げていく。試合中、誰かに助けは求められません。最後は自分で考えていかないといけません。

さっそくこの日は、練習メニューや明日に向けての意識などを自分たちで組み立ててくれました。

まずは6日の昇段審査に向けて時間を大切に頑張ってほしいです。