日誌

ソフトテニス部 初めの一歩

こんにちは、実に4ヶ月ぶりの更新となってしまいました…汗・焦る

コロナウィルス感染症が未だ終息しない中ではありますが、ソフトテニス部の部員たちは現在も感染対策をしながら元気に練習を続けております!

この期間に多くの大会が中止になりましたが、7月には埼玉県選手権へ出場、

8月の夏休み中も、多くの制限がある中、地道に練習を重ねてきました。

そして先日、秋の大会「新人大会西部地区予選」に出場してきました!

 

 

9月11日(土) 新人大会西部地区予選

 

今大会は、コロナウィルス感染拡大防止の観点から、午前・午後の2部制で開催されました。

厳しい状況の中、会場を提供して下さった狭山市の智光山公園の職員の方々や、感染対策を徹底し大会を運営して下さる高体連ソフトテニス専門部の皆様、大会を温かく見守って下さる市民の皆様には、いつも本当に感謝しております。

ありがとうございます。

 

さて、7月以来の大会となる訳ですが、

実は今大会がデビュー戦となる1年生の部員たちがいます!

(残念ながら、ケガのため1ペアは棄権することになりました…心配・うーん

今大会で初めて披露する、1年生の真新しい真っ赤なユニフォームに注目ですキラキラ

 

 

↓ 狭山工業Ⅴペア

本日の初戦は、1年生ペアのデビュー戦‼

狭山工業Ⅴ 1-④ 川越西

粘りを見せるも初勝利とはならず…次こそは!

 

 

 

↓ 狭山工業Ⅳペア

先輩と組んで、こちらもデビュー戦‼

狭山工業Ⅳ 0-④ 所沢

緊張の中、サービスエースとりました! 

 

 

 

↓ 狭山工業Ⅱペア

狭山工業Ⅱ 1-④ 川越

最後まで諦めない気持ちが大事!

 

 

 

↓ 狭山工業Ⅰペア

狭山工業Ⅰ 3-④ 慶應志木

ファイナルまで追い上げるも、惜敗…

 

 

 

↓ 狭山工業Ⅲ

狭山工業Ⅲ ④ー3 武蔵生越

 

なんと、狭山工業Ⅲペアは強豪校である武蔵生越高校に勝利

1年生ペアが初勝利ですお祝い

2回戦の相手は、これまた強豪の川越東高校。

この試合に勝てば、上位64ペアとして2日目に残ることができます!

 

結果は…

狭山工業Ⅲ 3ー④ 川越東 

ゲームカウント3-1まで追い詰めるも、逆転負けを喫しました汗・焦る

何年かぶりに2日目に残れるかもしれないと、ハラハラドキドキしていましたが、最後は力及ばず…あと少しだっただけに、悔しさが残ります!

 

今回の大会では、練習不足を実感する結果となりました。

しかし、部活動をする上での条件はみんな同じ。

この日、多くの課題が見つかったので、これから限りある練習の中で1つ1つクリアしていくことにします!

 

どうぞ、応援よろしくお願いいたしますピース