日誌

本気でやるから成長できる。

12/18

vs飯能南

「A戦」        「B戦」

前半:1-0       1-1

後半:0-0

 

 「本気でやるから成長できる」「時間は残り少ない」「もったいない」そんな話をして臨んだトレーニングマッチ。

どんな戦術もプランも選手が全力で必死にプレーする、その大前提がなかったら機能しません。秋季大会が終わり、

どこかチームに「熱量」が欠けていました。選手とスタッフの熱量にギャップができているような感覚でした。

しかし狭山工業のサッカー部員。歴代全ての部員がそうでしたが、本当に「素直」です。狭山工業の一番の

ストロングは「選手の素直さ」だと思っています。こちらが本気で打てば、必ず想い以上に響いて答えてくれる。

今回もまたそんな選手の素直さに救われました。

 格上の飯能南さんに対して、1-0。昨日の練習が嘘かのようなナイスゲームでした。

まだまだ課題は沢山あります。新人戦まで残り一ヶ月。ですが、まずは年内残り一週間を大切に過ごそう。

やれること全てやろう、と選手達と話しています。

良い終わりは良いスタートに繋がります。2022年をスタートダッシュできるように、選手と一緒にまた

積み上げていきたいと思います。